トップ> 展覧会情報





開館日 展覧会が行われている日 (会期中は土日祝日も開館します)
開館時間

午前10 : 00~午後5 : 00 (展覧会によって変更する場合があります)

入館料 無料 (どなたでも自由に観覧できます)




■2016年度後期展覧会

■開学30周年記念 美術工芸学部・造形芸術研究科 教員作品展
new0624


★9月30日(金)~10月10日(日)の11日間は、
「開学30周年記念 美術工芸学部・造形芸術研究科  教員作品展 」を開催いたします。

会場  : 第1・2・3展示室
時間  : 午前10時~午後5時(入場は午後4時半まで 会期中無休)

★同時開催:ギャラリートーク
各専攻・専修教員によるギャラリートークを下記の通り行います。
いずれも入場・聴講は無料ですので、どうぞお気軽にご来場ください。
9月30日(金) 13:30-14:30 工芸専攻・専修
15:30-16:30 デザイン専攻・専修
10月1日(土) 13:30-14:30 絵画専攻・専修
14:30-16:30 彫刻専攻・専修

学内駐車場をご利用いただくことが可能です



[ご挨拶]

本学は全国で5番目の国公立芸術大学として発足して以来、今年で30周年の節目を迎えました。
沖縄文化の個性の美と人類普遍の美を追究した建学の理念の下、那覇市首里に三つのキャンパスを整備し、 4年前には念願の漆芸分野の開設を経て、絵画、彫刻、芸術学、デザイン、工芸の研究領域・分野を有する総合芸術大学として 今日に至っており、美術工芸学部として、1,787名の有為な人材を輩出しています。

また、地域の特性や伝統文化に積極的に取り組み活発な社会貢献を実践しているほか、汎アジア的芸術文化に特色をおきながら 7ヶ国(地域)11大学との間で芸術・学術交流協定による国際交流事業を推進するなど更に飛躍が期待されます。
そのような歩みの中で、本学の美術系教員においては互いの個性を尊重しながら弛まない努力が開学より引き継がれて参りました。

この度、開学30周年を記念し、美術工芸学部及び大学院造形芸術研究科においては「教員作品展」を開催することとなりました。
各教員の研究テーマに則した作品や創作活動を展覧するものとして企画されており、本学の芸術活動について展望する契機となることと思います。

本展覧会を含め開学記念事業の実施にあたり、ご支援を頂きました各団体並びに本学関係者の皆様へ心より御礼を申し上げますとともに、 ご高覧賜りますようご案内申し上げます。
美術工芸学部長 平山 英樹



2016年後期の展示室スケジュール更新しました☆

new0624展覧会情報








■終了した展覧会

2015年度以前の展覧会はコチラ